中央町の家 -現場監理-  木工事
木工事
金物の緊結。今の住宅は金物の量がとても多くなりました。
仕上に影響がない位置を検討しながら金物を所定の位置に設置していきます。
使用金物
山形プレートと筋交プレート
ホールダウン金物
基礎工事時に設置したホールダウンアンカーボルトを金物で躯体に緊結します。この設置位置は構造計算によります。
2階屋
庇の出に注意しながら屋根が出来上がりました。ベランダ部分の丸い開口からは光が差し込みます。
屋根工事
平屋吹抜け部分。アスファルトルーフィングをしっかり立ち上げて屋根を葺いていきます。屋根内にも通気層を設けています。
内部工事
サッシが入りました。サッシについても図面で確認していますがお施主さんと現場にて確認後に発注、設置となります。
back to project top go to next

teki-iegaku for takumiya-architects
ご意見ご相談等は、tktk@iegaku.jp から。お気軽にお話ください。
建築工房匠屋のその他の主なプロジェクト一覧はこちらから。
的家学「teki-iegaku」に戻る