居間吹抜



居間の吹抜の状態です。

南側の建物の屋根よりも上から光を取れば、いつでも明るく過ごせます。
南側の家は、第2種高度地区なので、隣地ぎりぎりで5m以内のなります。
ですから吹抜の窓は5mより高い位置につけてあります。

一部がルーバー窓になっていて、換気は良いですね。