外壁は通気構法



外壁は通気構法です。
ここ10年この構法です。

この構法は、木造構造体と外壁の間に通気層を設け
木造の湿気を滞留させない構法です。
現在では金融公庫などでも標準仕様となっています。
木造を長持ちさせる工夫ですね。

白い部分はタイベックといって通気はしますが水は防ぐという
紙です、簡単には破れませんよ。
縦の木材は縦胴縁といって
ここを空気が流れるわけですね。
ここの上に外壁が張られます。