伊勢原の家 -現場監理-
基礎工事
比較的良質な地盤でした。
この作業は基礎底版のさらに下、この土地をならす作業です。
ここからすでに気が抜けません。
現場状況写真
各工事ごと(特に基礎工事)に記録として写真を残します。
完成後は目に見えない箇所になるので記録は大切です。
RC部分鉄筋配筋
図面に記載されている鉄筋の口径、配筋間隔、継手位置などに準じて配筋をしていきます。
RC部分鉄筋配筋検査
鉄筋の口径、間隔、継手、かぶり厚さなど仕様書にそって丁寧にチェックしていきます。
型枠工事
合板と鋼管パイプを組み合わせてRCの壁を作るための型枠を作ります。コンクリート打ち込み前に掃除など、きめ細かい指示をしてきれいに仕上がるようにしました。
木造部分基礎工事
木造の基礎はRC躯体工事に比べると楽な作業ではあります。
ですが建物の足元となる大切な作業です。
特に立上りに設置するアンカーボルト、設備配管用のスリーブ補強などチェックする項目はたくさんあります。
back to project top go to next

teki-iegaku for takumiya-architects
ご意見ご相談等は、tktk@iegaku.jp から。お気軽にお話ください。
建築工房匠屋のその他の主なプロジェクト一覧はこちらから。
的家学「teki-iegaku」に戻る