客室

壁は
下塗り左官材をそのまま塗って
全体とのバランスを考えました。
仕上がったとき
違和感がなかったので成功でしょう。

ちなみに、左官下地をどこまで生かし、補修するか
とても難しい判断でしたね。